株の出来高とボラティリティとは?全くの別ものなので正しく意味を理解しよう!

2021年2月26日


株の出来高とボラティリティは全くの別物です。
なんとなく同じような意味合いに捉えている方がいたら、それぞれの意味と特徴を理解することで勝ちやすくなるので、しっかりおさえておきましょう。
 

株の出来高とは

出来高とは、1日、もしくはある一定期間における売買が成立した株数の事です。
1日の出来高100万株という事は、合計100万株の取引が成立した事を意味します。
 

ボラティリティとは?

株で言うボラティリティとは、値動きの変動の事です。
ボラティリティがある、ボラティリティが高いという言葉は、激しく変動するという意味になります。
 
銘柄A:始値1,000円から終値1,100円まで安定して上昇
銘柄B:始値1,000円から一旦900円まで押して、そこから終値1,100円まで上昇
 
この2つだと銘柄Bの方がボラティリティが高いという事です。
 

出来高の多い株の特徴・メリット

いつでも売買できる

まず、出来高が多い株は、多くの売りと買いが飛び交いますので、板も隙間が開かずびっしり埋まっている状態です。
いつでも好きな時に売買できるという事は実はメリットといえます。
出来高が少ない株の場合は、好きな時に売り買いできず、値動きもゆっくりな事がほとんどです。
 

機関投資家・AIが操作しにくい

出来高が多い株は、個人が支配できないのはもちろんですが、機関投資家・AIでさえ操作しにくいので、イレギュラーなチャートの動きをしにくいというメリットがあります。
もちろん、それでもふるい落としや、一発大陰線は銘柄によってありますが、出来高が少ない株に比べて安定しているのは間違い有りません。
 

トレンドが分かりやすい

機関投資家が入りにくいからこそ、上昇の勢いが強い時、それが弱まって下降局面に入る時などのトレンドが分かりやすいというのも特徴です。
板を読む自信がないという人でも感覚的な印象でもなんとかなるので、比較的読みやすいと思います。
 
初心者の方の場合、出来高が多くてボラティリティが高過ぎない安定した銘柄を選ぶ方が安全だと思います。
そこでしっかりトレードを覚えて、徐々にボラティリティが高い銘柄にチャレンジしていきましょう。
 

出来高の多い株のデメリット

これは特に有りません。
しいてあげるなら、1000円未満の株は注意という事ですね。
特に300円未満ぐらいの低位株で大きな材料も無いのに急激に出来高が増えたなど、仕手株性の高いものだと取引規制がかかったり、危険な値動きをするケースがあります。
 

ボラティリティの高い銘柄のメリット

大きな利幅を狙える

まず、ボラティリティが高いという事は値幅が大きいという事なので、大きな利益が狙えます。
中には1日で15%、20%も上がる株もあり、デイトレードの信用取引なら一気に資金を増やせるチャンスがあります。
 

信用取引なら回転取引で何度も利益を狙える

また、ボラティリティが大きいと、チャートの波が激しく上下に乱高下するので、信用取引なら、同じ銘柄のトレードを繰り返し何回も利益を出すことができます。
同じ銘柄の取引を何度でもできる回転取引は、信用取引ならではのメリットです。
 

裏目を引いてもナンピンで逃げられる

激しい値動きゆえ、下に連れて行かれる事もあります。
そんな時でも反発して上昇する事が多いため、下でナンピン買い増しをして値が戻った時に利益を出したり、最悪でも同値撤退がしやすいです。
 
株初心者の方は、値動きが激しいと怖いと感じる方が多いと思いますが、裏目を引いてもいくらでもナンピンで逃げられるという安全性があるんです。
 
これはあくまで資金の余力があってこその話なのですが、正しいナンピンの仕方・ナンピンで利益を出す方法については「「難平(ナンピン)の技術」で勝率を上げる方法と必要な資金量は?」の記事でご確認ください。
 


 

ボラティリティの高い銘柄のデメリット

技術や資金力がないと、ナイアガラ(大陰性)で大きく負けるリスク

株初心者の方は、ナイアガラ(大陰線)で大きく負けるリスクを一番恐れていると思います。
買った途端、下がったらどうしようという気持ちも強いと思いますが、大きな陰線が出て、狼狽売りでドンドン下がっていくナイアガラは一度経験すると恐怖でしかありません。
 
でも、ナイアガラに巻き込まれて怖くなって逃げた後に、また株価が上がっていくのを何度も見たことがあると思います。
 
実はボラティリティが高い銘柄でのナイアガラは機関投資家・AIの特徴を理解し、正しいナンピンの技術を身につけておけば逆にチャンスに買えることができます。
 

まとめ:出来高+ボラティリティがデイトレードには最強

デイトレーダーにとって、理想的なのは「出来高」と「ボラティリティ」が両方揃っていることです。
短時間で勝負がつき、利幅も取りやすく、裏目を引いても逃げられるという意味で、最も利益を伸ばしやすい条件です。
デイトレードで億トレーダーを目指したい人には、欠かせないポイントとなります。